ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  フーレはすごい >  受講体験記 >  フーレで健康に!!

フーレで健康に!!:2009-10-02 15:20

寺田 明子さんより頂いたメールをご紹介いたします。

姉妹で受講をされていて、妹さんは先に検定を受けられました。

寺田さんにも先日合格通知が届き、

このメールとは別にお礼のメールをいただいたところです。

喜んでいただけて本当にうれしいです。

これからも続けていってほしいですね。

******************************

2月に入校、途中娘の出産で2ヶ月お休みし、

今日やっと検定を受けることができまし た。

子供のころから体を動かすことが大嫌いで

還暦を迎える今に至っております。

学校の朝礼では少し長く立っていると脳貧血を起こして倒れる始末。

肩こりは小学生の頃からで、マッサージをしてもらうのが大好き。

もし私がスパイだったらマッサージ してあげる、

の一声で何でもしゃべってしまうだろう、というくらいすき。

でもしてあげるのは5分が限界。

そんな私がフーレを始めたのには自分でもびっくりしています。

しかも検定まで続けられたとは!

3コマ授業をとった日は朝から億劫で、

キャンセルの理由をあれこれ考える意気地のなさ。

漸くでかけるのですがアラ不思議、

一時限目が終わる頃はすっかり元気になっていて

結局5時50分までちゃんとできるのです。

最初の頃体重も2キロ減り、目をこす りました。

その後はまったく変りませんが体調はいいのです。

ジムなどで運動をすると

ぜいぜいして汗をかく前に苦しくなってしまうのですが

フーレは全然苦しくないのに10分もすると汗が流れてきます。

きっと体に無理な負担をかけずに

新陳代謝が良くなっているのだと思います。

それで体調がいいのではないかと

医学の知識はありませんが思っております。

フーレはホントに気持ちよく、

若い校長がよく考えられたと感心しております。

技術はもちろん、足袋を使ったり、Tシャツの袖を長くしたり

細かなところもとてもよく考えられていると思います。

家で練習する時無精をして靴下でやると靴下が捩れてやりにくい。

裏をつけていない足袋は足裏の感覚を損なうことなく、

捩れることもないし、こはぜできっちりとめるので

脱げてくることもないのです。

よく思いつかれたと感服いたしました。

色々お話したいですが、長くなりすぎました。

フーレを考案し教えてくださったこと、

お礼をもうしあげます。

ありがとうございました。