ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  Nさんの体験談

Nさんの体験談:2009-02-21 18:09

こんにちは。

昨日は勉強とリラックスを兼ねて

初めてお客として銀座店を訪問いたしました。

都会の喧騒を忘れさせてくれるお店の和やかな雰囲気、

セラピストのきめ細やかなおもてなし、とても寛ぐことができました。

ありがとうございました。

そのフーレの感想から。

お世辞抜きでダイレクトに感じたままを述べていきます。

私を担当してくださったのは安藤さん。

丁寧な挨拶で始まり初めてでも困惑しないよう、

段取りなども順序よく説明してくださいました。

そしていざ施術。

まだ数ヶ月前から勤務したとはとても思えないほど、

上手にメリハリよく刺激を入れてくださいました。

足の裏から伝わる温かい感覚がそれだけで癒されました。

重さ加減が絶妙でよかったです。

実はその二日前にフーレセラピーではない別の足療術を受けてきたのですが、

(これが私の人生初であります)………男性の方が力任せにやっていて、

丁寧さに欠けました。

私の『弱めでお願いします』の再三の申し出にも、

加減なく強い刺激が入りきつかった…。

残念ながらその方の施術はもう二度と受けたくないなぁと思いました。

そこへきて、この優しい優しい施術。

こんなにも違うものなのかと正直驚いています。

私も安藤さんのように、また来たいなぁと思ってもらえるような

セラピストになりたいと強く思った次第であります。

その男性の施術は反面教師として私も忘れないでおきたいと

思っております。

いい勉強になりました。

また来たい、どの接客業でもそうですが、

そう思ってもらえるかどうかなんですよね。

リピーターがいるか否かが商売の成功をわけます。

表現が少し露骨ですが、そう思っていただけるよう、我々は技術を磨き、

人間性を高め、日々感謝の気持ちを持っていないといけないのだと思います。

やるのではなく、やらせていただくの精神です。

施術が終わり複数回分チケットを買っている私がおりました。

で、今朝の話しなのですが、お通じにものすごい変化があって、

もうびっくり!!

すごいよ〜、フーレ。

私も施術する立場を目指す人間なのであまり褒めると

手前味噌になるからよくないのですが、いや、これ、ほんとにスゴイ。

さて、後半はカラオケ練習会のご報告。

場所はカラオケですが、何も歌う為に行きませんよ〜〜〜!

座敷のあるカラオケ店がありましてね、

同期でそこを借りてフーレを練習しようということになったんです。

しかし、あいにく昨日は座敷が塞がっていて、

やむなく普通の掘ごたつ部屋へ通されました。

そこでテーブルを取っ払い、凹んだ空間に座布団を敷いて

なんとか一人分横たえる空間を確保。とてもいい環境ではありませんが、

この際文句なんか言ってられません。

貴重な人のお肉を踏めるチャンス。

(いつもは毛布)みんなでああでもない、こうでもない、

試行錯誤しながらの練習会でした。

こうやって同じ目的と志しをもった仲間にも恵まれ

本当にしあわせだと思いました。

次回はスパか何かの座敷でも借りられたらもう少しいいかもしれないですね…

長々とすみません。

それではまた3日後、講習でよろしくお願いいたします。