ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  Nさんから2日目のご報告

Nさんから2日目のご報告:2009-02-15 19:08

入江校長先生
耳塚講師さま

昨日第2回目の講義を受講いたしました。

今回は前回に比べかなりの量の技術を勉強し、

頭も足もぱんぱんになり帰宅いたしました。

しかし、ここで足に鞭打って復習です。

帰宅後も壁に向かってフロンピエタップオ〜ン!

講義では耳塚講師に様々な技術をわかりやすく伝授していただき

ありがとうございました。

季節はずれのぽかぽか陽気でみんな汗びっしょりでしたね。

立ち位置の微妙な違いで、体に感じる刺激がまったく変わるということ。

力をコントロールするのではなく、

いかに抜くかが大事なポイントになるということ、

そして練習の積み重ねなくして上達はないということ。

実践を通し感じたことです。

そして1番の感想としては…

フーレは行う側(セラピスト)と受ける側(お客さま)が両方あって成立します。

我々は施術(発信)する立場ではありますが、

同時にお客さんの声なき声を(受信)する立場であるということ。

セラピストというのは発信よりむしろ受信のアンテナを

繊細にもってなくてはならないのだと痛感しました。

ひとまずは1に練習、2に練習、今日も地道にタップオン。

***************

追伸

先生のDVDし毎日聞いています。

そんなわけで頭から先生の台詞、声が離れな〜い(笑)

『スラッシュ…面を密着させて』『移動は急がない』

ものまねできるかも!

また来週よろしくお願いします。

同期4人と仲良くなり切磋琢磨。

足を磨くためがんばってます。

来週はカラオケボックスで特訓です。

*************************************************************
(入江)
カラオケで何の特訓でしょうか?

場所を借りるだけなのか、

それとも・・・・、

片手は後ろ手、片手にマイク、足は上下にリズミカルってとこですか?

面白そうな特訓ですから、成果のほどをお聞きしたいですね。