ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  会報誌『ラフィネ』より >  東京都 岡田美雪さん

東京都 岡田美雪さん:2008-12-03 10:58

家族の体のケアをしたい!とはじめたフーレセラピー

我が家は全員アレルギー体質で、中でも小6の次女が喘息の為、

楽しいはずの旅行からそのまま入院する事もあり、

娘にとって旅行は『無事に帰ってくる事が目標』でした。

その為、発作をふせぐ薬はどんなに元気でも

飲み続けなければなりません。

親として、小さな体に投薬し続ける事はとても辛く、

何とか薬以外で健康を保つ事は出来ないか、と常に思っていました。

そんな時、義母から「近所に良い所がある」と薦められたマッサージは、

整体とも指圧とも違う優しい感覚。

それでいて終わった後は、足腰の辛さがすっきりと消えていて、

すぐにとりこになりました。

それがフーレセラピーとの出会いです。

フーレのよさを実感した私は技術を身につけて娘の体のケアをしたい!

と思い資料を取り寄せました。

整体等は学ぶのに時間も金額も大きい負担がありますが、

フーレは手頃な価格で短期間のカリキュラムなので、

無理なく習得できました。

何より嬉しいのは、呼吸が苦しい時はなかなか寝付けない次女が、

フーレをしてあげると自然に眠ってくれる事です。

ただ、夫、長女、と「次は私」と並ばれる時は嬉しい反面、

睡眠時間が…と複雑な思いです(笑)。

病気を未然にふせぐ為にフーレを習得しましたが、

おかげで健康に対する意識が変わり、食事の栄養バランスを考えたり、

ハーブを勉強し始めたりしています。

これからも皆が健康で毎日笑顔でいられるよう

様々な角度から家族をケアしていきたいと思います。