ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  会報誌『ラフィネ』より >  埼玉県 行田 佳子さん

埼玉県 行田 佳子さん:2008-12-08 08:56

『リラクゼーション ピュア』


画像名


好奇心旺盛な私は色々な世界を見て人生経験をしたいという思いから、

事務・販売・営業と数多くの仕事をしてきました。

そんな中、やりがいを求め、自分で何かを始めたいという気持ちが

強くなってきました。

以前より、マッサージの仕事に興味をもっていましたので、

思い立ったら即実行の私は、まずリフレクソロジーの資格をとり、

自宅のマンションの一室をサロンにし、

最初は集客のため近所の方へチラシ配りから始めました。

画像名

施術後はほとんどの方が気持ち良かったと

嬉しそうに帰っていきますので、

またお越しいただけると信じていたのですが・・

しかしそう甘いものではありませんでした。

それと同時に、1日に何人も続けて施術をすると、

どんどん体に負担がかかっていくのを感じていました。

そんな日々を過ごしていたある日、

インターネットでフーレセラピーを見つけ、

直感で“これだ!”と感じ、メニューに取り入れました。

画像名

今までは2〜3ヶ月に1回のペースだったお客様が

フーレセラピーを受け始めてからは毎月来店されるようになり、

他にも『整体を受けた後は体が疲れるが、

これは疲れない』『施術後は体がポカポカする』など

喜びの声をたくさん頂き、本当にやって良かったと感じています。

フォローアップセミナーにも積極的に参加をしています。

技術の確認や先輩方との交流が出来る事で、

仲間がいるという心強さを感じ、やる気が高まってきます。

『自分の体が続く限りずっとやっていきたい・・』

そんな仕事に出会えました。

夢は一軒家の自宅でサロンを開業する事です。