ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  会報誌『ラフィネ』より >  心にゆとりを・・・

心にゆとりを・・・:2007-10-22 22:22

『Foulee Therapie こりん』 

千葉県在住 橋智美さん

********************************

以前の仕事は責任もやりがいもあり、とても充実した毎日でしたが、

いつしか時間に追われ家族には淋しい思いをさせて、

表情も厳しくなっていました。

そんな私に仕事を辞める決心をさせたのは

「私達はママが笑ってるのが一番だよ。

そんな辛い思いしてまで仕事しないで」という娘の言葉でした。

子供に背中を押された私は運命のようにフーレセラピーと出会います。

「これを仕事にしよう」心が決まってから開業まではとても楽しい毎日でした。

いかにお金をかけずに素敵な演出をするか・・58円のレンガと

100円のフォトフレームを使ってフーレの看板として玄関を飾ったり、

足湯の時間に眺めてもらえるようベランダにガーデニングをしたり。

子供達は「やっと自分らしくいられる仕事が見つかったね」と

笑顔で応援してくれます。

家族をおろそかにしない程度の予約取りが出来る事も

個人サロンならでは。

「最近優しい雰囲気になったね」友人は皆こう言います。

時間に余裕ができた事で心にもゆとりが生まれ、

癒しの仕事についた事で、

自然と優しさが声や表情に表れたのかもしれません。

「自分が大好き!」素直にそう思えるようにしてくれた

フーレセラピーに感謝しています。

次の目標は、一人でも多くのお客様に

“遠いけど「こりん」に行きたい“と思って頂けるよう

「こりん」ブランドをしっかり作る事と、

受講したてのビューティースリムをしっかり習得する事。

自分自身が輝き続けられるよう、これからも努力はおしみません。