ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  会報誌『ラフィネ』より >  熱海の旅館で

熱海の旅館で:2007-10-20 22:33

『ホテルかつら』 

静岡県在住  木下栄子さん・直美さん

*****************************

大好きなダンスの仕事に体力の限界を感じ、

将来の為に何か癒しの技術を身につけようとアロマ

勉強したのですが、開業するには、

もっと目を引く珍しい技術が必要と考えました。

そんな時、偶然目にしたフーレセラピーにピン!ときたのです。

この事を同じく10年以上ダンスをしてきた姉に話すと

「私も将来の事を考えていたの。足を使ってきた私達にぴったり!」と

一気に話が盛上がり、即入校。

そして検定合格後、熱海で旅館をやっている伯母から「うちで始めなさい」

と誘われ、あっと言う間に旅館を改装。

新聞広告も載せてくれ、気がつけば開店していました。

15時のチェックインから夜まで多い時は8組位の来客があります。

終る時間が1時過ぎる事もありますが、「気持ちよかった〜」と

言われると疲れも吹き飛んでしまいます。

ダンスマッサージ

違う世界のようですが、人に喜んでもらえる点では全く同じ。

お客様との時間はとても幸せな時間です。

旅館は休みが無いので、

開店してから1年近くほとんど休んだ事がありません。

チェックインの時間にはフロントでお客様に声をかけたり、

お部屋にご挨拶に行く事で確実に来店率が上がっているので、

まだまだこの生活が続きそうです。

私達は親戚という協力があって開業できましたが、

ここで接客や経営などをしっかり勉強して、

今度は自分達の力で都内にも出店したいと思っています。

そしてスタッフを雇いながら少しずつ店舗を増やすことで

フーレセラピーを広めていきたいと思います。