ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  U.Yさん (埼玉県)

U.Yさん (埼玉県):2007-03-26 13:26

一番最初にフーレセラピーを受けたのは、もう2年以上も前のことです。

終わった後、視野が明るくなり体が軽くなった事を覚えています。

これまでにインドマッサージ、足圧etc受けて見たことがありますが

慢性的な疲労を払拭するにはく性のか弱い手では今ひとつ強さが

足りなかったり、逆に痛くて癒しとは少し違っていたりと、なかなか

自分に合ったものには出会えませんでした。

フーレセラピーはバランス感覚さえ身につければ誰でも出来るということで、

何度か通う内に自分もこの技術を身に付けたいと思うようになりました。

またもしこの仕事に転職したなら、高齢になってもやってゆける仕事だと

思いました。

セラピストには以前から興味がありましたが、現在やっているのは入力

100%の業務の為手で行なうセラピーというものはどうしても敬遠して

いました。

講習が始まり最初は本当に自分に出来るようになるのか不安でしたが、

練習を重ねるに内に少しずつ自信が持てるようになりました。

セラピストとは人を癒す仕事ですが、フーレセラピーは自分の足裏を

刺激するので、自分の健康にも大いに役立ってくれています。

実際GHIの講習を受けた前日はおかゆを食べたりという具合にあまり

体調も良くなくぐったりしていたのですが、ペアでやったりやってもらって

く内に心身ともに元気になったのを思い出します。

まだまだこれからと言う状態ですが、この素晴らしい技術が人に喜ばれ

そして人の健康と美容に貢献できるよう、これからも一層の努力精進して

いきたいものです。