ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  健康のこと >  子供たちにフーレ

子供たちにフーレ:2007-03-28 14:27

先ほど検定を終了された方のお子さんが、激しいスポーツでかなり筋肉が

張っているということでした。

膝下の成長痛(オスグットシュラッター病)があり、運動制限もあるとか。

親御さんがスポーツに力を入れているところも多く、成長期の子供たちの

身体には多大な負担がかかっているのではないかと思います。

プロであればトレーナーがついて体のケアーをしてくれるのでしょうが、

アマチュアの世界ではなかなか目が行き届かないというのが現状では

ないでしょうか。結果的に身体を壊して好きな運動を続けていくことが

できなくなってしまいます。

子供たちのせいではなく、取り巻く環境に問題があるのでしょう。

骨の癒合が終わり大人の骨になるのは、男性で18歳、女性で15歳半

くらいです。

完全に大人の骨になるまでは、長時間の施術は避けたほうが良いで

しょうが、せめて運動の後に、短い時間でも結構ですからフーレセラピー

をやってあげてはどうでしょう。

子供たちのスポーツチーム専属のセラピストも良いかもしれませんね。

今後、需要が高まっていくかもしれませんよ。

せっかくの才能を十分発揮させてあげる足(手)助けができればいいですね。