ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  小池 友美さん (北海道) 

小池 友美さん (北海道) :2007-03-27 09:44

私たちは「美」というと、どうしても外見的な形や表面での美しさを重視して

しまいがちである。

もちろん、心や性質などの内面的な美しさは、総合的な「美」を追求する上

では不可欠である。しかし外見的な美しさにこだわってしまうのは、目で

見てすぐ分かるし、明朗だからである。もちろんそれぞれの好みの違いは

あるし、何を持って「美」とするのか、その判断基準は難しいところがあるが、

女性の身体で見てみると、顔や髪、特に体型がその対象になりやすい。

「もっと自分の体型を美しくしたい」自分を含め殆どの女性がそう思っている

のは間違いない。現代では美しい体型というと、人は「スリムな体」を想像

するだろう。つまり余分なお肉が付いていない体をいう。

だから多くの女性が一生懸命ダイエットに励んでいる。食事制限をしたり、

運動したり、汗をかいたり、ダイエット食品を試してみたり、涙ぐましいぐらい

懸命である。

もちろん食べなければ痩せるし、運動をすれば筋肉の動きによって脂肪が

燃焼され、その部分は細くなる。それは自分でも何回も実証済みである。

しかし、そういったダイエットをずっと続けるのは辛いし、ストレスや栄養の

偏りなど心身の健康面にも不安が出てくる。

体型は美しくしたいが、それは健康あってのこと。

人間はとても贅沢な生き物かもしれない。それに遺伝はあるにせよそう

いった努力もなく、理想の体型を維持している人も多くはないのだけど、

存在することは確かだ。

結局はそういう人になりたいのだ。

ダイエット自体が好きなわけではないのだ。

そこで自分と「食べても太らない人」とはどのような違いがあるのかを

考えてみた。

食べても太らないと言うことは、体内に取り入れたもののエネルギー

消費をする力が強いと言うことだ。

つまり代謝である。

代謝とは食物の摂取、吸収、老廃物の排泄、エネルギーの生産など

生命活動に必要なあらゆる化学反応のことで、大きく分けると「体に取り

込むもの」「体が排出するもの」の2つになる。このバランスが崩れ体内に

排出されきれないものが残ってしまうことを「代謝が悪い」という。

つまり自分は代謝が悪いということである。

本来排出されるべきもののなかに脂肪分がたくさんある場合、必然的に

贅肉となって身に付くことになる。また、水分が排泄されないことによる

「むくみ」や、にきびなど肌への影響がある「便秘」なども代謝機能低下に

よる産物である。

また特に注目したいのが、普段の生活(睡眠や呼吸など)の中で消費する

基礎代謝である。基礎代謝は、何もしなければ、中学生くらいの年齢を

ピークに徐々に下降していく。

もちろん遺伝的要素も含まれるので、生まれながらに代謝の高い人も

いるが、統計によると遺伝が30〜40%、環境60〜70%といわれており、

代謝を高めることは十分に可能のようだ。

代謝を高めるには、リンパや血液の流れと筋肉が関係しており、それぞれに

因果関係がある。特にリンパの流れが集中するリンパ節の流れが滞ると、

顔や足、腕などの末端へのむくみが出やすい。

それらの要因を無くす為に筋肉を効果的に動かし、その相乗効果でリンパ

や血液の流れにも良い影響を与えるためには、外からの刺激がとても有効

だという結論に達した。

自分は太ももの太さが気になっていたのと、脚の付け根が時々とてもだるく

なり何かが詰まっているような不快感が多くあった。

そのため様々なエステやマッサージを体験してきた。

しかし手で行なう施術がほとんどであり、力が弱い為かむくみか取れた、

痩せたと実感できるものは少なく、やはりこういう方法では難しいと感じ

ていた。

フーレセラピーという名前と施術の光景を偶然ネットで発見したとき、

特に自分が気になっている部分である、脚の付け根やわきの下など、

手で施術するには抵抗がある場所も適度な強さでの刺激がこれは

絶対にリンパの流れに有用性がありそうだと期待できた。

実際に体験して体が温まり、だるさが取れたとき、改めてその効果を

感じた。適度な強さで効率的に筋肉を刺激しリンパや血液の流れを

促進するということは、手で行なうには出来そうでなかなか出来ないだろう。

内面の流れを美しくし、同時に外見も美しくなる。さらにリラックス効果で

心へも美が期待できる。

それが人々の求める本当のリラクゼーションなのかもしれない。