ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  加藤 育世さん (東京都)

加藤 育世さん (東京都):2007-02-09 12:54

健康を維持していくためには、

しっかり運動、しっかり栄養、しっかり睡眠という言葉を聞きます。

しかしこの3つを忙しい日々の中で満たすのは、なかなか難しいと思う。

自分の生活は?とふと振り返ってみましたが、満員の電車で1時間程

かけて会社に行き、仕事ではブライダルスタイリストとして1組ずつの

お客様に長時間に渡り気を配り、そしてまた満員電車で帰ってきて、

夜の11時からご飯を作りそして食べ、寝るのは午前1時を過ぎてから・・

なんて健康に程遠い生活。

運動をする機会など全くなく、重たいドレスを運び肩こりや腰痛をかかえ、

空気の乾いた会社で足の冷えとむくみに悩む日々。

ではせめて満たされた食生活を・・と思っているのですが、イタリアンばかり

の昼食が続き、寝る直前に食べる夕食で栄養が取れていても、

消化されるのかな?というまま朝を迎える。

睡眠も休みの日にはゆっくり寝れるものの、日頃はすっきりと熟睡し朝を

迎えることはなかなかない。

健康な生活をするには・・ということは頭ではわかっていても、

実践することがなかなか難しい。

健康に遠い所にいるからこそ、興味を持つまで、サプリメントからリラク

ゼーションまで興味は尽きない。

整体・アロマと勉強し、そんな中でフーレセラピーと出会い、腱鞘炎に

悩むことなく、自分自身の代謝があがっているのを感じています。

健康を自然と手に入れることができればいいのですが、

なかなか難しい現代社会。

心のゆとり=心の健康づくりをお手伝いするようなセラピストになりたい。

少なからず健康とそのような形で向き合っていきたいと思っています。