ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  Y.Yさん (大阪府)

Y.Yさん (大阪府):2007-01-14 10:24

以前、身体的特徴や生活習慣、体質が原因なのか、私自身が肩こりや

眼精疲労等に悩まされ様々な病院や治療院などで治療・施術を受けて

きました。

どれも一時的には症状は改善されるのですが、効果が継続しない事も

あり、私に合ったものであると実感できる治療・施術ではなく、症状の

軽減、克服は半ば諦めておりました。

そのような中、新たな施術を探し求めていた際、このフーレセラピーを

見つけました。

当初は受け手をいう立場で新たな治療・施術を探していましたが、技術を

習得できるという案内があり、興味を持ちました。しかし、当初は会社勤め

であり時間的にも習得は困難であろうと思っていましたが、就業中に手首を

負傷し将来の仕事について考えさせられる事態となり、この手首が完治せ

ず可動域が制限され運動障害が残る可能性も考慮し、足で出来るならば

手首に負担はかからないと考え、以前興味を持ったフーレセラピーという

健康法を習得する決心をしました。

技術の習得にあたりフーレセラピーは健康法ということだったので、まず

は自分自身の健康維持や増進に繋がると考え始めましたが、周囲の人

の体で練習する際、技術習得前にも関わらず感謝や喜びの言葉を頂き、

大変やりがいを感じフーレの有効性を実感しました。併せて、今まで特に

これという趣味を持たず、会社と自宅を往復するような会社中心の生活

だったのですが、技術習得という目標を持つ事ができ、習得に向けての

勉強中にもかかわらず生活に充実感をもつことができました。

将来、少子高齢化で医療費増大の問題もあり、治療医学だけでなく

予防医学という分野も発展していくと思いますし、個人レベルにおいて

も人生を健康で過ごせるよう予防に努める傾向があると思います。

また、昨今ストレスとは無縁の生活を送ることは困難な時代であり、

癒しを求めています。そのような現代のニーズに適った技術の一環

だと確信しています。

今後は以前の私のような慢性疲労の方の症状の改善をはじめ、女性

特有の症状の緩和、周囲の人たちを心身ともに癒す手助けができれば

良いと思っています。また、これらを念頭にこれから施術していきたいと

思います。