ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  井上 直美さん (愛知県)

井上 直美さん (愛知県):2007-01-07 12:57

フーレセラピーに出会ったことは決して偶然ではないと思っています。

これからの人生の中でこの技術を通して、一人でも多くの人に喜んで

いただけたら嬉しいです。弟もまた時期を同じくしてフーレに出会えて

良かったと思っています。

フーレのどこが気に入ったかというと、なんといってもお客様の美容健康

にもなり、自分も健康になるということ。そして「足」ですること、機材がい

らないことでした。

以前から人の体に触れたりすることは好きだったのですが、私自身かなり

の肩こりでもあり、手でのマッサージは施術する側にかなりの負担がかか

るから、逆に自分が疲れてしまいストレスになりかねないと思っていました。

そんなことも重なり、足つぼ、リンパマッサージ、ヘッドマッサージなどの、

資料請求だけはしていたものの、なかなかその先へは進みませんでした。

しかし、フーレはそれらの不安材料を打ち消してくれるものでした。

体験のときに迷わず「これなら出来る」と思いました。

また、講習の中で、「想念」という言葉がでてきましたが、この考え方には

とても共感できました。私が日ごろ心がけていることだからです。

また、私の尊敬する方が、「一人を徹して大切にする」とよく言われている

ことにも通じています。これほど、難しいことはないと思うのですが、

これほど、大切なことはないと思っています。

何人も施術の練習をさせていただいて、やはりフーレは良いと改めて

思っています。自分自身であまり巧くないと思った施術のあとでも

「またやってほしい」と言ってくださる方が多いのです。

今は無料だからということもあるでしょうが、喜んでくださる方がいる、

と思うと自信にもつながるし、またこれ以上に嬉しいことはありません。

フーレは美容健康法ですが、私は美容と健康といっても表面だけでは

本物ではないと思っています。体(色)と心(心)はひとつだからです。

現代はいろんな情報があり、健康食品もサプリメントも数え切れない

ほどの種類があります。しかし、たとえそれがどんなに良くても完璧に

自分を健康にしてくれる万能薬のように考えるのは間違いだと思います。

それよりも、いかにしてストレスを溜め込まないように生活するかということ、

身体に良い食事をすることに知恵を絞ったほうが経済的だし、本来の

健康を取り戻す近道だと思います。フーレはそんな現代の心身ともに

疲れている人々にとってとてもよい美容健康法だと思います。

その良さを十二分に活かしきるために、先ずは、技術の向上、それに伴って、

自分自身が人間的に成長していかなくてはいけないと思っています。

10年後誰からも親しまれるセラピストになっていたいです。