ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  高橋ともみさん(千葉県)2

高橋ともみさん(千葉県)2:2006-12-02 19:09

協会認定をうけて初心表明♪

入江校長先生・アカデミースタッフの皆様へ

いつも大変お世話になり、誠にありがとうございます。

12月1日付けで認定を受けました「Foulee Therapie こりん」の

高橋ともみです。

先日のJKL受講の際、体験談の募集されていると伺いメールさせて

頂きました。

フーレセラピーをこれから世界へ広げていく担当者として看板を一緒に

背負った気持ちでスタート地点に立っています。



検定試験を受けた当日の夜に書いた日記です。

記念に公開して頂けると光栄です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成18年11月17日(金)

検定試験14:30-16:00受験

「足で癒すプロになる。」

そのために資格試験を受けてきた。

今日が第一歩目の記念すべき1日でした。

9月1日に入校して2ヶ月半。毎日とにかくフーレばかり していた。

寝てもさめても、まさにフーレ三昧の日々。

この夏、私が選んだセラピストへの道。

練習は義務ではなく、覚える楽しさ・喜ばれる嬉しさであっというまに足が

覚えてくれました。

振り返れば、「40人全員タダ!」これは私の気持ちです。

勉強中である私に身体をゆだねてくれたみんな。

忙しい時間を私のために作ってくれた、大切なモデルさん達です。

帰りがけの笑顔がなによりの喜びでした。

そして、それが自信につながってゆきました。

お金では買えない、信頼してくれたその心にとても感謝しています。

こころからありがとう。

生涯の仕事に出会えたことにも感謝したいと思います。

この気持ちを原点に「Foulee Therapie こりん」を開業します。

そして、フーレセラピーを通じてこれから始まる素敵なご縁に感謝の心を

持ち続けられるセラピストを目指します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素敵な大人の女性として、自分を磨くことで内面から

輝けることに気が付きました。 

フーレセラピーを通じて活動的で魅力ある女性になれると思いました。

12月10日に4歳になる息子が入院し、白内障の手術を受けます。 

両眼の水晶体を摘出し、眼内レンズを再建するという手術です。

母としては心配ですが、無事資格試験に合格できたので心置きなく看病に

専念できます。

そして、息子が元気にまた保育園に通えるようになった時に開業です! 

普通のママでもこんな気持ちでセラピストになれるのです。

校長先生をはじめ、スタッフの皆様本当にありがとうございます。

これからもご指導よろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・♪

フーレセラピー協会認定

千葉県柏市
Foulee Therapie こりん

代表 高橋 ともみ