ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  岸田 千津子さん (長野県)

岸田 千津子さん (長野県):2006-10-31 22:02

私の周りには整体やマッサージ・カイロプラクティックなどの通っている

人が沢山います。

“疲れをとりたい”“コリをほぐしたい”“リラックスしたい”など理由は様々です。

やはり肩こりの人は多く、冷え性、便秘などももう当たり前になってしまって

いるようです。

身近にいるそんな人たちの体を救ってあげたい!!という正義感(?)から

自分は何をしてあげられるだろうか、何か勉強してみたいと考えていたとこ

ろ、フーレセラピーを知りました。

実をいうと私自身、頭痛、肩こり便秘で悩んでいたため、本当は自分が

やってもらいたい方でしたが、さいわい姉と珍しく気が合い、一緒に勉強

してみようということになりました。

最初内容を聞いたとき、足で踏んで全身をほぐすというのはちょっと想像

できませんでした。さらに自分の体にも良いというのには驚き、とても興味

を持ちました。実際やってみてなるほどと思うことが沢山ありました。

慣れてしまえば手で行うより楽なことはもちろんのこと、普段あまり汗をかか

ないのにたっぷり汗をかいたり、踏みながらお腹がゴロゴロしてきたりと、

本当に自分にも良いということを実感しました。

そして初めて受けてみた時は、体の力がスーっと抜けていく感じがして、

踏まれているという感じはありませんでした。

練習に友達を踏ませてもらったとき、「最初はインチキくさいと思ったけど、

とても気持ちよかった。肩が軽くなった。頭がモヤモヤしていたけど、

すっきりした。是非またやってもらいたい。」という感想を聞いて、

頑張らなくてはと思いました。

受講中は「相念力」という言葉を教わりました。技術だけではお客様の

満足度は得られないということですが、全くその通りだと思います。

以前働いていた職場でも「お客様の喜びは自分の喜び」だとか、「一人

ひとりのお客様に精一杯のおもてなしを」などと教わりました。

フーレセラピーはそんな気持ちが相手に伝わりやすいものだと思います。

フーレセラピーを学ぼうと思った最初の気持ちや、初めて自分が

フーレセラピーを受けたときの気持ち、頑張って勉強しようと思ったときの

気持ちをいつまでも忘れず、たくさんの人に「またお願いね」と言われる

ように、技術も心も磨いていきたいと思います。