ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  荒井 範子さん (長野県)

荒井 範子さん (長野県):2006-10-22 18:11

私がフーレセラピーを学ぶきっかけになったのが、勉強中のリフレクソロジー

の施術をさせてもらっている知人の一言でした。

「リフレクソロジーも好きだけど、今までで一番気持ち良かったのは足で踏ん

でもらったマッサージかな」というものでした。

リフレクソロジーを勉強し始め、今まであまり興味のなかった「マッサージ」や

「癒し」に関心が行くようになり、いろいろ知りたいと思い始めた私にとって、

「足で踏むマッサージ」は大変興味深く、また「一番気持ちいい」という言葉に

ひかれ、インターネットで検索したところ、「フーレセラピー」に出会うことが

出来ました。

実際フーレセラピーを体験して、「これはいける」と確信しました。

これから、フーレセラピーを習得し、たくさんの人に体験していただき、

まず私の住む地域に広めていければと考えていたのですが、

ではまずそのためにはどうしたらいいのか。

確かな技術を提供するのは大前提のもと、新しいものを受け入れるのに

時間のかかる地方の田舎では、チラシなどの広告媒体では見向きもされ

ないのは明らかです。実際、練習の相手をお願いする時も、「フーレセラピー」

とはどんなものか写真を見せ、色々説明し、しぶしぶ了解してくれるというもの

でした。

そして気が付きました。自分がフーレセラピーを学ぼうと思ったのはなぜか?

そう、マッサージ好きを自負する、知人の一言でした。いわゆる「クチコミ情報」

です。

今思えば「足でするマッサージ」=「フーレセラピー」だったのかは疑問です

が、知人の言葉を鵜呑みにし、信用して現在に至るわけです。そして、なか

なか見つからなかった練習相手も、一人施術するとクチコミでフーレセラピー

って気持ちいいのよと広めてくれ、練習相手も自ら探すことなく見つかるよう

になりました。

フーレセラピーを全く知らなかったころ、知人の言葉無しにフーレセラピーを

知ったとして、果たして自分は興味を示したのか?

そしてやってみたいと思ったか?

答えはNOでした。

それだけ知人の言葉の情報は重かったのです。

フーレセラピーを自分で体験して、今までにない新しい刺激と心地よさ、

そして効果を知り、自信を持っておすすめできる療法を得た今、この技術

を無駄にしないよう、地域にいかに展開していくことが今後の課題です。