ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  檜垣 健一さん (千葉県) 

檜垣 健一さん (千葉県) :2006-10-04 19:10

(前略)私は以前から柔道の活動的なことだけでなく、按摩、マッサージ、

鍼灸など人と接して身体の疲れを取ったり、癒したりする施術にも興味が

あり、機会があればそのようなことも習得し、柔道の幅を広げたいと思って

いました。

また、手ではなく足で行うこと、施術する側にも効果があることに今までの

自分の概念をひっくり返された衝動と驚き、この特異性がなぜか私の柔道

を通じた生活の考え方、生き方に相通じるものを感じました。

フーレセラピーの足を手のように使い施術する方法、体の使い方は、私が

今まで培ってきた足捌き、体捌き(バランス)、重心移動、力の使い方・抜き

方、呼吸法などの感覚に似た技術の体得でした。

理論的なことも抵抗なく理解でき、納得させられるものでした。

施術したことの効果が幅広く、長く続けていくことで技術が磨かれ、

健康維持や精神安定効果、女性への効用(腰痛、冷え性、むくみ、骨盤の

歪み等に対して)や、美容効果、ダイエット効果も期待されるので、老若男女

問わず施術することが出来、更に私自信の健康体力づくり・稽古の一環とし

ても取り組むことが出来ます。(後略)