ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  会報誌『ラフィネ』より >  『ひとりごと』から(9月号) 

『ひとりごと』から(9月号) :2006-10-08 21:30

環境は整っていますか?

サッカーW杯は、日本の活躍を期待していた人たちにとっては残念な結果

に終わってしまいました。ファンの立場からみると、走り負けしていたのと、

戦うという気持ちが薄いという印象を受けました。次期監督は、苦しいとき

に走れる選手を招集するようなことを明言しているようですが、その当然の

ことをしているかいないかで世界との差が出るようです。何事においても

基本は重要です。

高校時代にいろいろなグランドでサッカーのプレーをしましたが、初めて

芝生の上でボールを蹴った感触は今でも憶えています。ボールが浮いて

蹴りやすいので遠くへ飛びますし、タックルも心置きなくできるので伸び

伸びとプレーをすることができ、同じサッカーでもこんなにも違うものかと

不思議でした。環境が潜在能力を引き出してくれます。

世界中が注目するW杯ほどの舞台ではありませんが、環境が人を創る

ということに関しては私達にも同じことがいえると思います。技術をする

前にお客様の気持ちが逃げているようなことはありませんか?

接客上のポイントは『誰が・どのように・何をするか』と言われますが、

技術で感動を与える前に、誰がどんな空間でお出迎えをするかが重要

なポイントです。

そのためには、皆様が美しく健康であることはもちろんですが、

お部屋(サロン)が清潔感ある空間であること。身体の知識が豊富で、

お客様に合わせたお話ができること。

いくらおいしい食べ物を出されたとしても、割れた食器やホコリだらけの

店内では食事を楽しむことはできませんし、サービスもいい加減なもの

になります。

受け入れ態勢は万全ですか?