ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  圓谷 恵子さん(埼玉県)

圓谷 恵子さん(埼玉県):2006-09-29 17:17

私がフーレセラピーと出会ったのは約5年前です。

ある広告を見て興味を持ち、友達と体験に行きました。

マッサージは初めてでしたし、足で踏まれてる事が何とも言えない感覚

でした。ふくらはぎの太さが減ったことに驚いたのを覚えています。

とてもよいものに出会ったと思いその日会員になり通いはじめました。

この間に会社の先輩や姉などにフーレを勧め、直営店のアングレイスに

行ったこともありました。

以前は事務職でしたので1日中座ったままの状態が多く、夏は冷房など

で足や体が冷えたりして、足がよくむくんでいました。

毎回行くたびセラピストに「足のむくみが取れにくい」など言われていました。

私はほかの手でやるマッサージに行った事(経験した)がないのですが、

フーレセラピーは足の裏などを使って施術しているので、揉み返しがない。

指よりも短時間で効果が得られる。セラピストの代謝機能の向上や

身体バランス、有酸素運動、ダイエット効果などが見られるのも他の

マッサージと違うところだと思います。

昔から人の喜ぶことをするのが好きで、特にマッサージは「気持ちよかった」

「ありがとう」などと言われることが嬉しかったです。

家族や友人にしてあげるときも、指だとすごく力が必要だし、

すぐ疲れてしまい「もっとやってあげたいけど指が痛い…」などの理由から

短時間で終わらせていました。

5年近くフーレセラピーに通い続けるうちに「自分自身こんなに受けて

気持ちよいなら他の人にしかも自分で伝えて喜ばれたらいいなぁ」

と思うようになりセラピストに興味を持ち始めました。

会社を辞める前は本格的に考えていませんでしたが、会社を辞めて

考える時間が出来た時、本格的にセラピストになりたいと思い講習に

通い始めました。

他人を施術することは大変ですが、練習のために家族や友人に

施術した時、「気持ちよかった」など言われるとすごく嬉しくなりました。

フーレセラピーは施術する人される人、両者の体に良く、両者を経験

している私自身としても「フーレセラピー」はとても良いもので、

出会えたことを嬉しく思います。