ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  染谷 政代さん(神奈川県)

染谷 政代さん(神奈川県):2006-08-25 20:00

検定に向けて、私は複数の友人、またはその母上に施術の練習をさせて

もらえるようお願いをした。皆、フーレセラピーがどんなものであるかも知ら

ずに快く引き受けてくださった。本当にありがたいの一言に尽きる。

彼女らに必ずといっていいほど聞かれること、

それは、「なぜフーレセラピーを始めたの?」だ。

ことの始めは3年ほど前、現在の仕事に先が見え始めたことからだった。

今すぐどうこうなるものではなく、10年先子供たちの数どんどん減り、

教員(特に時間講師)の需要は確実に減ってしまうのだ。

その場から放り出された時、自分には何が出来るのか?もんもんと

考えていたある日、万年肩こりの幼なじみで大親友のNから

「政代のマッサージ気持ちいいよ。ほんと楽になった!

アンタ商売に変えたら!?」の一言。

幼い頃から父親にマッサージするのが好きだった私。それがいまだに

続いており、同僚がPCの使いすぎでしんどそうにしていれば背後に

回ってモミモミ。教え子が生理通で苦しんでいれば足つぼを押したり…。

素人のくせにつらそうな人が目の前にいるとつい手が出てしまう。

「ああ!私にはこんなに興味をそそるものがあった!」と気がつき、

早速本屋へ。

手に取ったのは“ケイコとマナブ”という雑誌。中を見ると、あるわあるわ

マッサージ系の学校。世の中はこんなにもこの職種を求めているのかと

改めて実感。その中で目を引いたのが、人を足下(?)にしている不思議

なイラスト。

これがフーレセラピーだった。

前々から手では体力の限界を感じていた私。これは良いかもしれない!

と、すぐさま資料請求し、直営サロン“アングレイス”のおためし体験へ。

痛みがなく心地よい圧。体中がポカポカしやさしく眠りに誘われていく感覚。

すばらしいと思った。そして次の春からスクールへ通おうと心に決め銀座を

後にした。

しかし、6ヶ月の空きは私の決心を徐々に崩し、仕事が忙しすぎる!を理由に

その春はスクールの門を叩くことはなかった。1年が過ぎ仕事が一段落ついた

とき、また、フーレセラピーのことが頭に浮かんできた。

「なぜ昨年すこし無理をしてでもスタートさせられなかったのだろうか!?

来年だった仕事量は変り映えしないのに!」くいが残った。そして気を

取り直し、インターネットでスクールの事を調べてみると、無料体験会が

開かれていた。今度こそは!と、時分を奮い起たせ、講習会場へ。

入江先生の人を引き込む話方、解りやすい説明(特に体重計を使った

実験は説得力があった)に感動し、私たち体験者同士、フーレを施術し

あい、「これならがんばれるぞ!」という小さな自信を持たせてもらえた。

そして私はベーシックの講習生となった。

今、練習を重ねて感じていること、まず第一に自分がすこぶる体調が

良いことだ。元々、元気がウリの私だが四十も過ぎると、身体や心には

余分なものが絡みつきフットワークが悪くなって来ていた。

しかし、最近では、体重、体脂肪がぐっと減り、足も軽く、階段かけ

上がりもラクラク。こんな残暑が厳しくともバテず、疲労回復が早くなった。

第二に、身体に比例して、心も、前向きに、喜びは前にも増して嬉しく

感じたり、人への感謝の気持ちが強くなったように思われる。

4月から練習を繰り返し少しづつ技術を身につけてきた。

しかしそれは技を憶えるだけでなく、自分の体と心を正し、

鍛えることにあったように思える。

自分自身、フーレセラピーに出会えて本当に良かったとひしひしと

感じている。そしてそれがまた別の人(お客様)にも感じていただける

ようなセラピストに私はなりたい。

この気持ちを忘れずに、これからも練習に励んでゆこうと心に決めたのだ。