ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  田中 みゆきさん (新潟)

田中 みゆきさん (新潟):2006-08-23 12:49

特に30代後半から健康や美について感心がありました。

身体の調子が悪い時は気持ちも落ち込みますし、健康である事が一番の

幸せだと思います。睡眠・食事・運動ストレスなどに気をつけて生活して

いるつもりですが… 中でも運動は、なかなか長続きしません。

私に出来る運動はないかと、疲れた時に体を手軽にほぐしてくれるもの

があるといいと思っていました。アロマは気持ちがいいがもう少し刺激が

ほしい。整体は体験したことがないが痛い事されそうだし、手のマッサージ

は揉み返しがありそうだし。

そんな時知人からフーレセラピーの話を」聞き、広告を見ただけで体に

よさそうだし、気持ちよさそうだし、体験してみたいとすぐ思いました。

しかしなぜか自分が体験する前に自分が研修する側になってしまいました。

自然に習ってみたい気分になっていました。何も分からずフーレセラピーの

研修を受け、運動不測と、脳を使っていない私には思っていたより大変

でした。でも研修を受けている間でも身体が軽くなり、いつもより身体が

動くように思えました。施術の練習をして、だんだんと体が柔らかくなり、

体の中も変わっている様に感じます。

フーレセラピーを受ける側は気持ちがいいし、やる側も施術語は運動した

後のようなすがすがしい汗が出て気持ちよくなります。

受ける側もやる側も健康になっていく様に思います。

フーレセラピーに出会って感謝しています。