ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  古谷 千鶴子さん(千葉県)

古谷 千鶴子さん(千葉県):2006-08-18 15:02

常日頃から私は何かしたい、何かしなくてはと、いつも思っていました。

会社勤めの帰りに好きな花を見たり、育てたり、家庭菜園をしたりと

それなりに、楽しく過ごしていますが、以前から、飲食店を開いて

マイナスイオンの沢山ある部屋、そしてそのお店に来るとリラックスでき、

ストレスが解消できる、そんなお店が持てたらなと考えていました。

でも、現実は店舗の資金そして開店に必要な経費、このようないろいろな

事を考えて足踏み状態でした。でも、いつも何か始めたいと思い考えて

いた時、妹からのフーレセラピーの話を聞きました。

でも、最初は会社を何日も休めない、そして田舎育ちの私は方向音痴で、

電車に乗れない、このようにいくつかの障害がありました。

でも、妹の協力で挑戦してみようと決心しました。

まず、フーレセラピーという言葉は初めて耳にする単語でした。

 足で踏む療法!

筋肉を刺激して筋肉全体の疲労物質、しこりを取り除き血液リンパの

流れを良くし、バランスのとれた体に改善してくれる。これを聞いて凄いな

と思いました。そして、フーレセラピーを勉強していて自分が健康に

なれそうだなと思いました。

まず、片足で立つことの大変さを実感しました。でもやっているうちに

だんだん立てるようになり、これは自分自身も均整の取れた体になる

のではと思いました。

そして足は第二の心臓といわれている足の刺激、これをやっている時は、

浮腫みのひどかった足が和らいできた。そして恥ずかしい話ですが、

便秘症でお腹にガスがたまり辛いこともあります。

でも、フーレセラピーをやっているとおならが出ます。これは、自分の体に

良いことだと実感しました。

そして勉強させて頂いている友人たちに、気持ちが良い、身体が

楽になった、身体が温かくなるなどと未熟な私にも嬉しい言葉を頂きました。

こうなるともっと勉強して喜んでいただきたい、そして身体の中から

健康になれるフーレセラピーを一人でも多くの方に知って頂けたらと

思いました。


まだ手探り状態ですが、自信を持ってフーレセラピーを広めていきたい

と思います。