ひとりごと★フーレセラピーアカデミー校長の徒然日記 >  受講体験記 >  久保 ミキさん (大阪府) 

久保 ミキさん (大阪府) :2006-08-17 10:27

仕事で体調が悪くなり、体の節々が痛み、腰が痛み…整骨で

マッサージと電気を受け、やさしめのマッサージに通い、どうにか痛みを

取り仕事をしました。

ある日同僚が、フーレセラピーのお店を見つけ、半額チケットを持ってきて

くれた。マッサージに飢えていた私は、次の休みの日に直ぐ受けに行った。

中に入ると、いつもの様にアンケートを書いた。「どうせ直せないのに…」

いつも症状を書いても、もって2〜3日、悪いときは帰りに痛みがぶり返して

いたから、“気休めの為”と言う考えを持ちながら、アンケートを記入した。

それ程、その時の体調は悪かったので…。

フーレが始まった。いきなりオドロキ!!

どのマッサージ、整骨院ですら触らない足の付け根への攻撃。

更にこの部分の気持ちよさ…私は体の力が抜けるのが分かった。

そしてマッサージで初めて寝てしまった。

本当にオドロキました。

(因みに効果は一週間続きました)私が求めるマッサージが見つかった!!

そう思った。その後なかなか行けないまま数ヶ月がたった頃、

偶然もらったホットペッパーにフーレ学校の案内を見つけた。

新しい仕事を考えていた頃でもあり、私は、この凄いマッサージにかけて

みることに決めました。

説明会に参加した私は、技術以上に驚いたのが、セラピストも元気に

なるという事だった。私の居たサウナのアカスリは、大変過酷で次々と

辞めていくような職場であった。

また、マッサージは指が曲がったらクビという無茶なルールまで有り、

人を癒すことは自分の体を差し出す事と思っていた私には、

本当に驚きとなりました。

このことで私の心はしっかりとフーレに決まった。

勉強を始め、体がなかなかついて行けないが、練習台になってもらった

人たちに喜んでもらえることが大変嬉しい上に、人付き合いが嫌いに

なっていた私が、フーレを通じ、今までの知人達に話しかけていく自分

が有り、また、おしゃれを思い出し、少しマシな格好をする様になった。

色々な仕事をし、辞め、目標も無く、気持ちも落ち気味だった私。

フーレに出会い目標を見つけ、店を持つことで自分が前に出なくては

いけなく、久しくあけていた人付き合いを始め、外に出ることも増え…

フーレで私は心も体も見た目(おしゃれ)もキレイになります。

必ずキレイになります。
 
お店は、合格しだいすぐするつもりです。